人の印象を決める要因は見る人によって様々ですが、歯を見ている人は意外と少なくありません。歯の見栄えを短期間で改善するのは非常に難しく、日々の努力の積み重ねで白さを維持していく必要があります。今からでも改善しようと思う事は全然遅くありません!審美歯科はそんなあなたの強い味方になってくれるはずです。

歯並びがとても綺麗な女の子

自宅でのホワイトニングって効果がある?

ホワイトニングされた綺麗な歯

自宅で歯を白くする方法は複数あります。
それぞれの特徴や効果を見ていきましょう。

まずは、審美歯科などで薬剤と専用のマウスピースを処方してもらうホームホワイトニング。
これは、自宅で自分で漂白効果のある薬剤をマウスピースにいれて歯にはめ、そのまま既定の時間を過ごすというものです。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングの薬剤は過酸化水素を主成分とした薬剤ですが、自宅で行うホームホワイトニングはそれより弱めの過酸化尿素を主成分とした薬剤を使用します。
過酸化尿素は反応して過酸化水素に変化し、エナメル質の着色汚れやタバコのヤニを分解漂白する働きがあります。
また歯のエナメル質は半透明のため、その内側の黄味かかった象牙質が透けて見えると歯まで黄色く見えてしまうため、表面をすりガラス状にして、より白く見せる効果もあります。

オフィスホワイトニングにくらべると、薬剤の濃度が下がるため、ホームホワイトニングは効果が緩やかです。
早く歯を白くしたいのであれば、できるだけ毎日行う必要があります。

ホームホワイトニングと同時に、ホワイトニング用歯磨き粉を使用すると白さを長持ちさせることができます。
ただし、一般的なドラッグストアで販売されている歯磨き粉には歯を白くする効果はありません。
日本の薬事法により、漂白成分が含まれた商品は販売できないためです。
海外製であれば漂白成分が配合された歯磨き粉も売られており、インターネットなどで購入することが可能です。

最近になって注目を集めているのがホワイトニングテープです。
これは、薬剤がついたテープを歯に直接貼ってホワイトニング効果を得るというものです。
過酸化水素が10%程度含まれており、直接汚れに作用します。
手軽に使えて即効性もあるため、人気が高まっています。
ただし、日本ではホワイトニング歯磨き粉同様に一般に市販されてはいません。
輸入品を扱うECサイトなどを通して購入することができます。

また、最近は歯の消しゴムと呼ばれるものが販売されるようになりました。
これはスティックタイプのシリコン製消しゴムで、歯の表面をこすって着色汚れを落とすというものです。
研磨して表面汚れを削り落とすので、黄ばみを漂白する効果は期待できません。
手軽で安価なのが最大のメリットですが、一時的に汚れを落としてもすぐにまた汚れがつくのがネックです。
歯にどうしても気になる汚れがあって落としたいというときに使うと良いでしょう。