人の印象を決める要因は見る人によって様々ですが、歯を見ている人は意外と少なくありません。歯の見栄えを短期間で改善するのは非常に難しく、日々の努力の積み重ねで白さを維持していく必要があります。今からでも改善しようと思う事は全然遅くありません!審美歯科はそんなあなたの強い味方になってくれるはずです。

歯並びがとても綺麗な女の子

歯痛に備えてボルタレンを常備

歯痛に耐える女の子

痛みの中でも強烈なのが歯痛です。
歯痛がある時には何もできないぐらいの痛みが襲ってきます。
神経に対して影響を与えているのでちょっとのことでは対処できない痛みが歯痛の特徴と言えるでしょう。
すぐに歯科医院に行き処置してもらえる環境があるなら良いのですが、歯科医院自体のほとんどが予約優先の為、診てもらいたい時に受診ができないことも珍しくありません。
その為、一時的にも痛みを抑えることが必要となります。

歯痛に対して効果を発揮してくれるのが鎮痛薬です。
鎮痛薬の中でも痛みや炎症を抑えてくれる作用に優れているのがボルタレンです。
ボルタレンはドラッグストアなどで様々な形状で販売されていますが、錠剤と座薬は劇薬指定されているので病院で処方してもらいましょう。
ボルタレンの効果としては解熱作用と痛み止めとして即効性が期待できます。
歯痛にももちろん効果を発揮しますが、その他に関節痛や神経痛、筋肉痛にも作用してくれます。

しかし、絶大なる効果を発揮してくれる一方で胃腸の粘膜にダメージを与えてしまうことを理解しておきましょう。
ボルタレンの副作用としては胃腸障害を起こしてしまうことがありますので注意が必要です。
ボルタレンは非ステロイド消炎鎮痛剤に属していますが、その中でも効果が強力な薬です。
抗炎症作用によって炎症そのものを抑えてくれる作用を持ちます。
シクロオキシゲナーゼという物質の働きをブロックし、炎症や痛みを発生しにくい状態を作り出してくれるのです。

虫歯などの歯痛による痛みの場合は、ボルタレンを服用することで服用後30分程度で効果を発揮されます。
持続時間は6~8時間程度と言われていますので、服用間隔は6時間以上あけることが大切です。
同じような鎮痛剤として有名なロキソニンは現在ドラッグストアでも購入することができます。
ロキソニンも歯科医院ではよく処方される薬の一つで、抜糸や治療後の痛みに対して効果を発揮してくれます。
痛みが出そうだと判断した際に服用しておくことで痛みを防ぐことができるでしょう。

ボルタレンやロキソニンなどは作用が強力な薬ですから副作用も強く出る傾向があります。
胃腸に対して現れることが多いのですが、服用回数が増える場合には胃炎や胃潰瘍などの障害が発生するリスクもあるでしょう。
使用する頻度が多い場合は根本的な部分を解決していくことが大切です。
歯痛の原因が虫歯なのか親知らずなのかなど知ることが大切ですので、歯の痛みが続くようであれば歯科医院を受診してください。
痛みの原因を改善することが一番必要なことですが、急に来る歯痛に対していつでも対処できるようにボルタレンやロキソニンなどの痛み止めはストックしておくと安心です。