人の印象を決める要因は見る人によって様々ですが、歯を見ている人は意外と少なくありません。歯の見栄えを短期間で改善するのは非常に難しく、日々の努力の積み重ねで白さを維持していく必要があります。今からでも改善しようと思う事は全然遅くありません!審美歯科はそんなあなたの強い味方になってくれるはずです。

歯並びがとても綺麗な女の子

歯抜けで視線が気になるならインプラントで対処

インプラントのイメージ

抜歯による歯抜けを放置しておくのは良くありません。
歯列に隙間があることで徐々に歯が倒れてきてしまいますので、噛み合わせのバランスを崩してしまいます。
バランスが崩れると歯列全体に歪みを生み出してしまい、見た目がより目立ちやすくなるほか、食事の際にも上手く咀嚼ができず悪影響となります。
ガタガタになってくると歯ブラシが届きにくいところも生まれますから虫歯のリスクも高まり、さらに抜歯に至る可能性も出てくるのです。
噛み合わせのバランスが崩れると様々なトラブルの発生要因になることを理解し、適切な対処を講じる必要があります。

抜歯への対策としてはインプラントが効果的です。
歯抜けになった時の対処法としては従来の保険適用の差し歯治療が選択されることも多いのですが、しっかりとバランスを整え輪郭形成をする観点で考えるとインプラントにアドバンテージがあります。

インプラントの方が優れているポイントは様々ですが、特に見た目において差し歯と比較してみると大きな魅力を感じられるはずです。
まるで天然の歯のような自然な色合いを見せてくれるため、人工的な歯を入れている感覚を持ちにくいです。
残っている歯との色合いも調整することができるため見た目に違和感が発生しにくく、人からの印象の面でも安心感を持てます。
特に前歯ですと優れた審美性の魅力が最大限に発揮され、人工的な歯を入れている感覚が薄らぎ自信を持ちやすくなることでしょう。

噛み合わせのバランスも整うために食事も快適に楽しめるようになります。
隙間がなくなることで単に咀嚼をしやすくなるだけでなく、しっかりとした噛み心地を感じられるのもインプラントならではの強みです。
本物の歯に近い咀嚼効率を取り戻すことができるため、硬さのある食べ物でも憶することなく噛むことができます。
さらには、咀嚼がきちんとできれば唾液が沢山出て虫歯を予防しやすくなり口内の健康を保てるようになるのです。

保険適用の差し歯と比較した場合、インプラントはあらゆる面で優位性があります。
実用性の面でも健康面においてもインプラントならではの良さがいかんなく発揮され、抜歯による不便を解消することができます。
治療には保険が使えないために負担が上がってしまうのが短所として挙げられるものの、メンテナンスをしっかりと行うことで寿命を延ばすことが可能です。
費用の問題を差し引いてもインプラントは魅力ある治療で抜歯への対策にもうってつけです。